[ ここから本文です ]

マテリアルバランスとその他データ

マテリアルバランス

ヤマトグループは、事業活動に伴うエネルギーや資源の投入量(インプット)およびCO2や廃棄物などの排出量(アウトプット)の把握に努めています。2017年度の実績は下記のとおりとなりました。

2017年度のマテリアルバランス(環境負荷の全体像)

図:2017年度のマテリアルバランス(環境負荷の全体像)

  • 対象:
期間:
2017年4月〜2018年3月、
範囲:
国内連結会社とスワン(福利厚生部門は除く)

環境会計

(百万円)
分類 2017
投資額 費用額
事業エリア内コスト 地球環境保全コスト 12,418 41
資源循環コスト 0 619
上・下流コスト(グリーン購入・リサイクル費) 0 3,816
管理活動コスト(緑地維持費) 0 12
研究開発コスト 0 111
合計 12,418 4,599
  • 範囲:ヤマト運輸
  • 参照:環境省「環境会計ガイドライン2005年版」

環境関連法令順守状況

  2017
法令違反(件) 0
罰金・訴訟(件) 0
環境関連事故(件) 0
漏出・汚染(件) 0
罰金総額(円) 0
  • 範囲:国内連結会社およびスワン(福利厚生部門は除く)

その他の環境データはこちらを参照ください。

CSRの取り組み

このページのトップへ戻る