トップコミットメント

ヤマトホールディングス株式会社 代表取締役社長 社長執行役員 長尾 裕

ヤマトグループは「豊かな社会の実現に貢献する」ことを経営理念に掲げ、創業以来、常にお客様や社会からの要望や期待に向き合ってきました。そして、時代の変化から生まれるニーズに応える価値ある新サービスを提供することで、ここまで成長を続けてまいりました。私たちの成長の土台には、常に社会の健全な発展とステークホルダーの皆様との信頼関係があります。

現在、私たちを取り巻く社会は、気候変動や労働、人権・格差などの課題があり、それらが複雑に絡み合っています。加えて、新型コロナウイルス感染症が全世界で猛威を振るい、人々の健康のみならず経済にも大きな影響を与えています。
企業においても、急激に変化する社会課題に対し、正面から向き合い対応する必要が一層高まっています。

ヤマトグループは、お客様、パートナー企業、お取引先様、約22万人の社員、そして地域社会など、さまざまなステークホルダーとともに事業を営んでおり、社会課題と向き合うことは当然の責務です。
さらに、幅広い顧客基盤や、日本全国をカバーする事業所、車両などを有する私たちは、事業を行う中で、多くのエネルギーやその他の資源を使用し、温室効果ガスや廃棄物等を排出しています。これらは、地球環境への負荷をはじめ、顧客ビジネスへのネガティブな影響、さらには事業継続にもかかわる重大なリスクであると認識しています。

私たちヤマトグループは、2020年1月、中長期の経営のグランドデザイン、「YAMATO NEXT100」の中で「サステナビリティの取り組み~環境と社会を組み込んだ経営~」を掲げました。環境では、「つなぐ、未来を届ける、グリーン物流」を長期ビジョンとして掲げ、「エネルギー・気候」、「大気」、「資源循環・廃棄物」、「社会と企業のレジリエンス」をマテリアリティとしました。社会では、「共創による、フェアで、“誰一人取り残さない“社会の実現への貢献」の長期ビジョンのもと、「労働」「人権・ダイバーシティ」「安全・安心」「データ活用・セキュリティ」「サプライチェーンマネジメント」「地域コミュニティ」をマテリアリティとしました。

そして、2021年1月には「サステナブル中期計画2023」を発表し、「YAMATO NEXT100」で掲げた環境・社会の長期ビジョンの実現及び「2050年CO2実質排出ゼロ」の達成に向けて、環境や社会のそれぞれのマテリアリティについての目標や計画を策定しました。

私を含む経営層が主導するサステナビリティ推進体制として、環境委員会および社会領域推進委員会を設置し、中期計画に掲げた目標や計画に対して、施策の推進を行っていきます。

また、ヤマトグループでは、環境保護に寄与する事業活動を行うことを宣言する「ヤマトグループ環境方針」を制定しています。この方針に基づき、持続可能な社会的インフラ企業として環境経営も実践していきます。

ヤマトグループにおけるサステナブル経営改革は始まったばかりです。
2021年4月から新たな一歩を踏み出した「ONEヤマト」体制のもと、より一層、経営のスピードを高め、一日でも早く皆様にその進化を実感していただけるように、ヤマトグループや物流業界をリードしていきます。
私は、ヤマトグループと社会の持続可能な成長に責任を持ち、社員の力を信じ、応援してくださる皆様の声援を感じて、長期ビジョンの実現に向けて真摯に取り組んでまいります。

2021年10月
代表取締役社長 社長執行役員
長尾 裕