決算概要

連結業績予想(2021年3月期)

世界的な新型コロナウイルス感染症の影響で停滞していた経済活動が再開したことに伴い、製造業を中心に景況感の改善がみられたものの、今後の感染状況や収束時期が不透明な中、国内外において感染が拡大傾向にあるなど、依然として内外経済環境の回復が見通せない状況にあります。また、新型コロナウイルス感染症の影響により、テレワークの推進、診療や教育分野におけるサービスのオンライン化など、ライフスタイルやビジネス環境が変化し、全産業のEC化が加速しています。
このような状況下、2021年3月期通期の営業収益につきましては、加速する全産業のEC化に対応し、EC配送ネットワークの構築・拡充を積極的に進めるとともに、お客様が直面する新たな課題に対し、グループの経営資源を結集したソリューションの提供に取り組んでいくことなどにより、前期実績を上回る見込みです。一方、営業費用につきましては、データ分析に基づく経営資源の最適配置による集配効率の向上や幹線輸送の効率化推進による適正化に取り組んでまいります。
なお、通期の連結業績予想を前回発表(2020年10月30日発表)から変更しております。

(単位:百万円)

  営業収益 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1株当たり当期純利益(円)
通期 1,680,000 82,000 82,000 43,000 114.93