[ ここから本文です ]

考え方・目標・体制

気候変動や大気汚染、資源枯渇、生物多様性の損失などが、持続可能な社会の実現にとって重要な課題であることをヤマトグループは認識し、環境への取り組みを強化しています。

ヤマトグループ環境保護宣言

ヤマトグループは「企業姿勢」に「環境保護の推進」を定め、環境課題に取り組んでいます。また、物流などを通したヤマトグループの責任を考え、事業を通して取り組むべき重要事項を「環境保護宣言」に明示しました。

また、「ネコロジー」を合言葉に活動を進めています。ネコロジーの詳細はこちら

CO2目標と実績

ヤマトグループは、環境の具体的な目標としてCO2目標を定めています。

CO2目標2019:
2019年度にCO2排出量原単位(tCO2/営業収益1億円)2009年度比10%減。
2017年度実績:
2017年度のCO2排出量原単位(tCO2/営業収益1億円)は、2009年度比10%減(目標達成)。
(注)
表現を原単位に改めました。

CO2排出量原単位の推移

  2009
(基準年)
2014 2015 2016 2017 基準年比
CO2排出量原単位(tCO2/営業収益1億円) 57.6 54.0 53.9 51.9 52.1 -10%
  • CO2排出量原単位の算出に用いたCO2排出量はScope1とScope2を対象。
  • 範囲:国内連結会社とスワン(福利厚生部門は除く)
  • 算定方法・係数参照

その他環境データはこちらを参照ください。

環境推進体制

ヤマトグループでは、CSRを担当する常務執行役員が環境に関する責任を担い、各グループ会社のCSR担当部署を中心として環境の施策を推進しています。また、主要グループ会社のCSR担当部門長を構成員とする「地球環境委員会」を設置し、四半期ごとに、グループ全体の環境課題の解決を図るとともに、活動の進捗確認などを行っています。

このページのトップへ戻る