[ ここから本文です ]

経営計画

創業100周年(2019年)時における目指すべき姿

DAN-TOTSU経営計画2019 戦略コンセプトマップ
DAN-TOTSU経営計画2019 基本戦略

ヤマトグループは、2011年1月に長期経営計画「DAN-TOTSU経営計画 2019」を策定し、創業100周年にあたる2019年に「アジアNO.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダー」として、各ステークホルダーの満足度をDAN-TOTSU(ダントツ)にすることを目標に、「よりグローバルに」「地域と生活により密着しながら」をテーマに事業を展開しています。


2019年までの9年間をHOP、STEP、JUMPの三つのフェーズに分け、その第一フェーズの「DAN-TOTSU 3か年計画 HOP」では、厚木ゲートウェイ・羽田クロノゲートの竣工、沖縄国際物流ハブを活用した国際小口輸配送ネットワークの拡充など、事業基盤やネットワークの強化を図りました。


2014 年度から始まる「DAN-TOTSU 3か年計画 STEP」では、「バリュー・ネットワーキング」構想の推進と、「健全な企業風土」の醸成を2つの大きな柱にし、HOP で構築した基盤を活用するとともに、事業基盤やネットワークの強化を継続して行い、最終の3か年計画(JUMP)で大きく飛躍をするためのポテンシャルの高い経営基盤を構築します。


STEPの最終年度となる2016年度には、連結営業収益1兆5,500億円、連結営業利益900億円を目指します。

このページのトップへ戻る