人材育成

キャリアを磨く人事制度/能力開発研修制度

ヤマトグループの最大の財産は「社員」であり、社員一人ひとりが「個の力」を磨き成長することが、ヤマトグループの成長に欠かせません。社員に対しては、まごころと責任をもってサービスを提供するための理念の浸透およびコミュニケーション能力の向上に加え、事業環境の変化が激しい中で新たな価値を創出するために主体的に考える力を養う必要があると考えています。そのため、ヤマトグループ各社では、公正な処遇により、社員一人ひとりが能力を十分に発揮できる人事制度・能力開発研修制度を構築し、運用しています。

キャリアを磨く人事制度/能力開発研修制度

人材育成に関する取り組み

クロネコアカデミーについて

2021年度より教育組織「クロネコアカデミー」を立ち上げ、新教育体系を構築しています。また、社内講師体制の構築、ラーニングプラットフォームの導入を通じて、教育の機会をさらに充実させてまいります。

クロネコアカデミー 人材育成ポリシー

クロネコアカデミーは、グループ企業理念を踏まえ、人材育成の指針としてこのポリシーを定めます。
人材育成は、運送から運「創」への変革を実現するための原動力です。
社員のやりがい創出により、社員の自覚と誇りを持たせ、人間力とともに現場力の向上により、地域社会の発展を実現することを目的とします。

  • お客さまと徹底的に向き合い、運「創」を実現するために、経営理念と倫理観を土台とした教育により「全員経営」を体現できる社員を育成します。
  • お客さまに最高の価値提供をするために、専門領域において様々な経験を積み、知識や能力を磨き抜くことで、専門性を発揮できる社員を育成します。
  • 事業創造を担う人材、事業展開を担う人材の継続的輩出、および現場力の更なる向上に向けて、次世代リーダーとなる社員を育成します。
  • 自ら成長しようとする意志を持ち、自学自修し、能動的に行動できる社員を育成します。
  • お客さまに良いサービスを永続的に提供するために、育成が重要であることを全社員が理解し、実践することで、共に学び共に育つ文化を創ります。

新教育体系の構築

(1)標準教育
経営理念・倫理研修を標準教育の柱として組み入れ、繰り返し内省する機会を持つことで個人への浸透、そして組織としての発揮につながるように推進してまいります。「お客様起点」でヤマトを考え、自身の置かれた立場で何をすべきか自分事化していきます。

(2)階層別教育
入社時研修、フォローアップ研修、業務役職者研修、経営役職者研修等を通じて各階層で求められる必要な姿勢・思考・スキル・知識に磨きをかけ現場や組織の活性化を図ってまいります。

(3)専門人材育成体系の構築
各事業本部・機能本部に求められる専門性を伸ばしていくための育成体系を構築していきます。必要な知識、スキルを量的・質的に安定して提供する仕組みを整え、成果発揮に繋げてまいります。

(4)昇格時教育
職場推薦と本人の意思に基づき、キャリアアップを図るための研修として、業務役職候補者研修、経営役職候補者研修を実施しています。

社内講師体制の構築

社内講師の養成と認定を行っています。「人材開発のプロ」×「各事業機能の人材育成の相談相手」としての体制を構築し、継続的・連続的な教育施策を進めてまいります。

ラーニングプラットフォームの導入

教育にデジタルを活用することで外的環境に影響されない教育基盤強化、および社員の自学自修を推進するためラーニングプラットフォームを構築しています。これを通じて、「人財」の早期育成や、個々に合わせたキャリア開発支援を行ってまいります。

<アカデミーの育成全体構造>
アカデミーの育成全体構造

人事評価制度

ヤマトグループには、社員の更なる自己成長に結びつけるための人事評価制度があります。人事評価では、「目標達成評価」と「社員評価」による評価を行っています。 「目標達成評価」は、半期ごとに社員一人ひとりが業務目標を設定し、日々の努力も含めた成果に対し、職場内審査会の意見を踏まえ評価をするものです。「社員評価」は、ヤマトグループの社員及び担当者として期待されている役割を発揮できているかを評価するものです。同じ職場内の同僚による評価をもとに、評価を決定します。 様々な視点から客観的な評価を得ることにより、社員一人ひとりの能力向上を目指します。