安全・安心

基本的な考え方

ヤマトグループは車両保有台数が多く、公共の道路を主要な事業の場として使用しています。そのため、当社グループの事業が社会に与える影響は大変大きく、地域の安全確保は重要な責務であると考えています。また、交通安全は車両に乗務する社員の労働安全という側面もあります。
ヤマトグループでは、グループ企業理念・企業姿勢に「人命の尊重と安全の確保」を掲げ、業務上のいかなる時も人命の尊重を最優先すべく、「安全第一、営業第二」の理念を徹底しています。協力会社や取引先とも「人命の尊重と安全の確保」の理念を共有し、あらゆる事業活動において安全が確保されるよう努めています。

輸送の安全に加え、ヤマトグループを支える22万人を超える社員の「安全」と「健康」が、グループの持続的な成長の土台であるという考え方のもと、お客様によりよいサービスをご提供するため労働安全衛生の取り組みを推進しています。また、お客様満足創造に向けた「品質安全」への取り組みも行っています。

関連するSDGs
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任

サステナブル中期計画2023における主要な目標

  • 重大交通事故(有責死亡交通事故)件数0件
  • 交通事故(対人事故)件数2019年度比50%削減
  • 重大労働災害(死亡労働災害)件数0件
  • 休業災害度数率2019年度比20%削減

その他の詳細の目標はPDFファイルを開きますサステナブル中期計画2023を参照ください。