地域コミュニティ

基本的な考え方

ヤマトグループは、日本各地に約3,600カ所の拠点を展開し、地域に根差した事業活動を行っています。私たちが今後も持続的に成長するためには、地域の方々との共存共栄が必要不可欠と考えています。ヤマトグループは、「企業市民活動」「社会課題解決ビジネス」「本業」を通じて、地域経済の活性化を加速させるビジネスモデルの構築を行っていきます。

関連するSDGs
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

サステナブル中期計画2023における主要な目標

  • 企業市民活動および社会課題解決ビジネスの
    効果測定の仕組み構築完了

その他の詳細の目標はPDFファイルを開きますサステナブル中期計画2023を参照ください。

推進体制

ヤマトグループでは、サステナビリティ推進担当役員が部会長を務める地域コミュニティ部会を設置しています。地域コミュニティ部会では、地域コミュニティに関連する施策や活動計画、方針について検討や審議を行います。