NEWS RELEASE
ヤマトホールディングス
ヤマト運輸株式会社

平成26年5月29日

第15回 物流環境大賞を受賞

〜自然エネルギーを利用したターミナル施設「羽田クロノゲート」の建設を含む環境保護活動〜

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長:山内 雅喜、以下ヤマト運輸)は、一般社団法人 日本物流団体連合会主催の第15回物流環境大賞において、自然エネルギーを利用したターミナル施設「羽田クロノゲート(以下、羽田CG)」の建設を含む環境保護活動が評価され、「物流環境大賞」を受賞しましたのでお知らせします。

1.物流環境大賞について

一般社団法人 日本物流団体連合会が主催し、物流部門における環境保全の推進や環境意識の高揚を図ることを目的として、物流の健全な発展に貢献した団体・企業または個人を表彰する制度です。平成12年に創設され、今回で15回目を迎えます。

2.受賞内容

(1) 審査結果 物流環境大賞
(2) 功績事項  
  自然エネルギーを利用したターミナル施設「羽田CG」の建設を含む環境保護活動
(3) 取り組み概要   羽田クロノゲート全景
  施設の設計段階から太陽光や風、雨、木々などの自然エネルギーの活用を考慮し、空調や照明等に取り入れることで、既存の施設と比べて約46%のCO2削減を可能としました。また敷地内に自然環境と調和し様々な生態系を育む「和の里」を設けました。 羽田クロノゲート全景

3.参考

ヤマト運輸は「ネコロジー」を積極的に展開し、輸送の「包む」「運ぶ」「届ける」はもちろんのこと、その他のさまざまな取り組みをエコロジー化して、環境にやさしい物流の仕組みを築きます。また物流における環境対策などについても広く理解してもらうため、羽田CG施設内に見学コースを設け、無料で一般公開しています。

(1) ヤマトグループ 環境への取り組み :
http://www.yamato-hd.co.jp/csr/environment/index.html
(2) 「ネコロジー」特設サイト :
http://www.yamato-hd.co.jp/csr/necology/
(3) 「羽田CG」見学コース :
http://www.yamato-hd.co.jp/hnd-chronogate/visitortour.html
(4) 昨年の「ネコロジー」を合言葉にした環境保護活動の推進における「物流環境啓蒙賞」に続き4年連続の受賞となります。尚、「物流環境大賞」は初めての受賞となります。

以上

YAMATO HOLDINGS CO., LTD.