[ ここから本文です ]

ヤマトグループとは:ヤマトグループのあゆみ

会社創立

1919年に、トラック運送会社の大和運輸株式会社として創業しました。当時、日本の陸上輸送は、まだ荷馬車の全盛期。トラックの台数は全国でも204台しかありませんでした。その中で大和運輸は、4台のトラックによる営業を開始しました。

定期便の開始

1929年に、日本で最初のトラックによる定期積みあわせ輸送(路線事業)を開始しました。その後も、毎年のように営業地域と運行系統を拡大し、1935年には関東一円の定期路線網を確立しました。翌年の1936年、路線定期便は「大和便」と命名され、広く一般に知られるものとなっていきました。

宅急便の誕生

太平洋戦争中の混乱期を経て、敗戦後の1946年には大和便の路線事業を再開。続いて1949年には百貨店の配送業務も復活いたしました。日本経済が高度成長時代を迎えた時期でもあり、1960年代後半にかけて、業績は急拡大しました。しかし、1973年、突然のオイルショックに見舞われ、1974年度を境に低経済成長が続き、輸送需要は大幅に減少しました。
この苦境を乗り切るため、業界では採算性の低い小口雑貨の切り捨てに踏み切る企業が続出する中、ヤマトは小口輸送のシステム化・事業化を検討していました。それが、1976年に商品化された宅急便です。

宅急便という新サービス

対象貨物 1口1個10kgまで
サービスレベル 首都圏などブロック内は翌日配達
集荷 電話1本で1個から集荷サービス
運賃 均一料金

それまでは、郵便局か駅でしか送れなかった家庭の荷物を、家から家へと運ぶサービスの誕生です。今では当たり前のサービスとなっていますが、できるはずがないという業界の常識を打ち破ってのサービス開始でした。
宅急便を開始した当時、個人の方が物を送るのは困難な時代でした。記録によれば、開始初日の集荷個数はわずか11個だったといいます。PRも不十分、誰もまだ経験のないサービスとしては当然のことでした。
でも、不便さを解消したこのサービスはあっという間に世の中のニーズをつかみ、今では社会的インフラへと発展しました。そして今では、全国を100%カバーする自社ネットワークを築き上げ、「あったらいいな」から「なくてはならない」ものへと発展しています。

このページのトップへ戻る