[ ここから本文です ]

ヤマトグループとは:これからのヤマトグループ

ヤマトでは、中期的な目標として3年のスパンで中期経営計画を策定しています。

1981〜84年 ダントツ3か年計画
1984〜87年 新ダントツ3か年計画
1987〜90年 ダントツ3か年計画パート3
1990〜93年 キックオフ90・3か年計画
1993〜96年 社風刷新3か年計画
1996〜99年 成熟脱皮3か年計画
1999〜02年 高品質創造3か年計画
2002〜05年 新生進化3か年計画
2005〜08年 新価・革進3か年計画
2008〜11年 満足創造3か年計画
2011〜14年 DAN-TOTSU 3か年計画 HOP
2014〜17年 DAN-TOTSU 3か年計画 STEP
2017〜19年 KAIKAKU 2019 for NEXT 100

現在の中期経営計画は2017年10月からスタートした「KAIKAKU 2019 for NEXT 100」です。ヤマトグループは、「2025年のありたい姿」に向けて、「働き方改革」を経営の中心に据え、「デリバリー事業の構造改革」、「非連続成長を実現するための収益・事業構造改革」、「持続的に成長していくためのグループ経営構造改革」の3つの改革を断行することで、次の100年も持続的に成長していくための経営基盤の強化を目指しています。

詳細については、中期経営計画のページをご参照下さい。

中期経営計画

このページのトップへ戻る