過去のイベントレポート

クリスマス直前ということで通常の見学コースで紹介している宅急便の「仕分けの仕組み」に加え、子供から保護者へそして保護者から子供へクリスマスプレゼントを贈りあう体験をしました。
普段はプレゼントをもらうことが多い子供たちも「喜んでもらえるかな?」「どんなふうにプレゼントが入っていたら嬉しいかな?」と贈る側の気持ちになって一生懸命プレゼントを準備してくれました!

参加者からの声

贈る側、受け取る側の両方の体験(気持ちを感じる)ができ、とてもよかった。

(小学3年生の保護者の方)

親も子も『どきどき・わくわく』とても楽しい時間でした。想像以上に楽しかったです。

(小学4年生の保護者の方)