[ ここから本文です ]

社会貢献活動:イベントの開催・協賛・参加

「全国離島交流中学生野球大会」への協賛

「全国離島交流中学生野球大会」への協賛

ヤマト運輸は、2015年8月24日〜27日に開催された国土交通大臣杯第8回全国離島交流中学生野球大会、通称「離島甲子園」に協賛しました。

本大会は、対外試合の難しい離島の球児に交流の機会を作ろうと2008年に始まったものです。ヤマト運輸は、大会が目指す「離島の未来を担う少年少女の交流、夢と希望と勇気をもつ大切さ、離島を誇りに思う心の醸成」という目的に共感し、第一回から協賛しています。今回は、離島にまで張り巡らされたヤマト運輸の全国ネットワークを活用して大会に参加する選手たちの荷物の配送をお手伝いしたほか、オリジナルスポーツタオルの配布、応援メッセージを集めたのぼり旗の贈呈を行いました。

今大会の開催地は長崎県五島市。日本全国から23チームが参加し、地元の声援に支えられ、長崎県の福江中学校が優勝を飾りました。

写真:離島甲子園離島甲子園

写真:離島甲子園

音楽宅急便「クロネコファミリーコンサート」

地域のイベントへの参加

地元の日本人学校のイベントで日本の農産品を販売

【香港ヤマト運輸】

香港ヤマト運輸では、地域貢献の目的で、香港日本人学校小学部 大埔校の一般開放イベントである「ランタナ祭」に毎年参加しています。今回のイベントは2015年1月に開催され、当日はさまざまな取り組みを実施し、なかでも国際宅急便を利用して日本から直送した高橋千明果樹園様のリンゴ(長野県産)やイチゴ(熊本県産)などの産品の販売が大変好評で、リンゴについては、午前の内に200玉が完売しました。また、学校の敷地内でこども交通安全教室も開催し、車両内部の様子や車両の死角などについて学んでいただきました。

写真:普段見ることが出来ない車両の内部をご案内普段見ることが出来ない車両の内部をご案内

【ヤマトシステム開発】

ヤマトシステム開発は、2014年10月26日〜27日、江東区豊洲文化センターが主催する「豊洲フェスタ」に参加しました。

当日は、社内公募で集まった社員が企画から検討した催し物「ペーパークラフトで『まち』をつくろう!」を実施。作成済みのペーパークラフトを思い思いに並べて「まち」をつくるコーナーと、ペーパークラフトを作成する楽しさを体験するコーナーとを設け、2日間で延べ279人の方に楽しんでいただきました。

写真:豊洲フェスタ豊洲フェスタ

地域交流イベントの開催

羽田クロノゲートで夏祭りを開催

【ヤマト運輸】

ヤマト運輸は2015年8月8日、前年に引き続き、羽田クロノゲートの地域貢献ゾーンを一般公開し、夏祭りを開催しました。

焼きそばやから揚げなど夏祭りらしい食べ物・飲み物の販売はもちろん、羽田クロノゲートで育ったカブトムシの抽選会などを実施。地域の方々によるダンスや演奏など、素晴らしいパフォーマンスも披露されました。

当日の来場者は1,000人を超え、地域のお客様との親睦を深めることができました。

写真:夏祭りの様子夏祭りの様子

ボランティアへの参加

献血活動に協力

【台湾ヤマト運輸】

台湾ヤマト運輸は、2014年10月2日と2015年1月7日に、地域で行われた献血活動に参加しました。

写真:社員が献血に参加社員が献血に参加

アフガニスタンの子どもたちに絵本を届ける運動に参加

【ヤマトシステム開発】

ヤマトシステム開発は、家族も一緒に参加できる社会貢献として、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)が主導する、アフガニスタンの子供たちの為に絵本を届ける運動をお手伝いしました。社内公募で集まった社員45名とその家族で、日本の絵本にアフガニスタンの言葉で翻訳したシールを貼りました。

このページのトップへ戻る