[ ここから本文です ]

社会貢献活動:安全教育

ヤマトグループは、地域の人々、特に子どもたちに交通安全の大切さを伝える「安全教室」の開催に力を注いでいます。自社で機会を設けることはもちろん、関連イベントなどにも積極的に参加しています。

こども交通安全教室

[2015年度] 1,983回開催、21万人以上の子供たちが参加

子どもの交通事故防止はヤマトグループの大きな願いです。ヤマト運輸では1998年より、地域の子どもたちに交通ルールや交通安全への知識を伝える「こども交通安全教室」を全国各地で実施してきました。セールスドライバー(SD)を中心とした社員が地元の保育所・幼稚園・小学校に出向き、着ぐるみなどを用いて楽しく、分かりやすく交通安全について指導します。特に集配車の乗車体験は、実際に運転席に座ってSDの死角を体験し、あわせて車の内部を見学するという内容で、普段できない体験が子どもたちや、保護者、先生方にも好評を博しています。

2015年は全国で1,983回開催し、21万人以上の子供達が参加しました。累計では開催回数約2万6000回以上、約280万人に参加していただいています。

また、この取り組みは海外も含め、グループ各社にさまざまな形で広がりを見せています。

【ヤマト運輸北大阪主管支店】

北大阪主管支店では2015年9月、寝屋川市の香里自動車教習所が開催する地域イベント「ワンデースクール」に参加し、自転車教室を実施しました。当日は、10歳以下と大人用に分けて、自転車の交通ルールに関するクイズや、新スリーターの試乗体験、ウォークスルー車からの死角体験などを行い、交通安全を呼びかけました。

写真:新スリーターの試乗新スリーターの試乗

【ヤマトグローバルエキスプレス】

ヤマトグローバルエキスプレスでは2015年度、全国で26回のこども交通安全教室を開催しました。

2015年6月には、神奈川県横浜市の保育園で、横断歩道の渡り方について寸劇を実施したほか、ウォークスルー乗車体験では死角の体感を通じて車の周りに潜む危険性を学んでいただきました。実際に、どのような危険が生じうるのかを問いかけ、考えていただくことで、自ら危険を発見するための意識づけを促しています。

【ヤマト(中国)運輸有限公司/ヤマト国際物流有限公司】

ヤマト(中国)運輸有限公司とヤマト国際物流株式会社は、2015年度、前年度に引き続き上海市内の幼稚園2か所にて共同の子供安全教室を開催しました。

2015年は9月と10月に開催し、「横断歩道の安全な渡り方」、「車回りで遊ばない」、「車の死角体験」などを学んでもらいました。

写真:上海市内の幼稚園での安全教室(2015年10月)上海市内の幼稚園での安全教室(2015年10月)

【ヤマトボックスチャーター】

ヤマトボックスチャーターでは2014年度、大型車両を使用したこども交通安全教室を開催しました。教室では、大型車ならではの死角の大きさなどを体感することを通じて、小型車・中型車とは異なる危険を想定しなければいけないことを実感いただきました。

写真:ヤマトボックスチャーターによるこども交通安全教室ヤマトボックスチャーターによるこども交通安全教室

「こども交通安全教室」実施状況 [累計推移](ヤマト運輸)

グラフ:「こども交通安全教室」実施状況 [累計推移](ヤマト運輸)

その他の安全教室

その他の安全教室

【ヤマトグローバルエキスプレス中部主管支店】

ヤマトグローバルエキスプレス中部主管支店は2015年10月、愛知県田原市で実施された交通安全・地域安全市民総決起大会にて、田原警察署長から交通功労団体として表彰されました。これまで田原市でこども交通安全教室などの活動を続けてきたことが評価されたものです。

その他の取り組み

交通安全誘導の実施

【ヤマトホームコンビニエンス九州統括支店】

2015年11月〜12月、社会貢献活動として、事業所近辺にある小学校の通学路で安全指導を実施しました。この取り組みは、地域の子供たちの安全を守りたいという従業員の自主提案で実現に至ったものです。1月には感謝の会に招かれ、お手紙やお礼の言葉をいただきました。今後も活動を続けていく予定です。

写真:通学路での安全指導通学路での安全指導

【ヤマトパッキングサービス】

ヤマトパッキングサービスでは、毎年春、秋の全国交通安全運動期間中、地域住民の方々と一緒に横断歩道での誘導を実施しています。約15年以上にわたり取り組んでいることが評価され、深川警察署ならびに深川交通安全協会から感謝状をいただきました。

写真:横断歩道での誘導横断歩道での誘導

「大塚さくら公園」開拓に参加

【ヤマトグローバルエキスプレス宮崎営業所】

宮崎市内にある「大塚さくら公園」は、放置され荒れていた竹林を、地域住民の方が、「道路で遊ぶしかない地域の子供たちに、安全に遊べる場所をつくってあげたい」との想いから、切り拓き、整備し始めた公園です

ヤマトグローバルエキスプレス宮崎営業所ではこの想いに共感し、他のボランティアの方々ともに開拓に協力。2014年7月20日、9月7日、10月25日の3回の作業に参加し、樹木の伐採や運搬をお手伝いしました。

安全の向上に貢献すべく、今後もさまざまな角度からボランティア活動などを続けていきます。

2014年7月に宮崎市より正式に認可されました。

写真:「大塚さくら公園」開拓のお手伝い「大塚さくら公園」開拓のお手伝い

このページのトップへ戻る