[ ここから本文です ]

2014年度ハイライト

特集 「バリュー・ネットワーキング」構想による価値の創造:物流を「バリューを生み出す手段」へ

「バリュー・ネットワーキング」構想

国内外のネットワーク革新により、物流を「コストセンター」から「バリューを生み出す手段」に進化させ、顧客の業種・事業規模を問わない「物流の改革」を通じて、日本経済の成長戦略を支える新たなインフラとなる。この全体構想を「バリュー・ネットワーキング」構想(=Value Networking Design)と名付けました。

図:「バリュー・ネットワーキング」構想

日本最大級の物流ターミナル「羽田クロノゲート」が提供する「付加価値機能」

「バリュー・ネットワーキング」構想の中核をなす羽田クロノゲート(羽田CG)では、国内外各地を結びつける好立地を活かしたスピード輸送に加え、施設内で修理、組み立て、加工、洗浄などの付加価値機能も提供し、お客様の物流を革新していきます。

図:日本最大級の物流ターミナル「羽田クロノゲート」が提供する「付加価値機能」

地域の皆さまとの共生を目指して

羽田CGでは、太陽光発電、雨水再利用など自然の力を利用する最新の設備を導入して、環境への負荷を大幅に低減しています。また、敷地内には、日本の里山を模した「和の里パーク」があり、生物多様性に寄与するビオトープや、障がい者の雇用と自立支援を目的とする「スワンベーカリー」、地域の方々のための託児所、スポーツ施設などを設けています。

写真:太陽光発電パネル太陽光発電パネル

写真:東京都認証保育所「ポピンズナーサリースクール羽田」東京都認証保育所
「ポピンズナーサリースクール羽田」

写真:スポーツ施設「ヤマトフォーラム」スポーツ施設
「ヤマトフォーラム」

特集 「バリュー・ネットワーキング」構想による価値の創造:羽田クロノゲートで提供する付加価値サービス

CSRの取り組み
  • ステークホルダーの皆様へ
  • CSRマネジメント
  • 2018年度特集
  • 安全
  • 環境
  • 社会
  • ESGデータ
  • ガバナンス・コンプライアンス
  • CSR報告書PDFダウンロード
  • 過去のハイライト
  • 編集方針
  • 社外からの評価

このページのトップへ戻る